【写真レポート】ニンテンドー3DSを修理に出しました

フレアレッドのニンテンドー3DSが故障したので修理に出しました。
壊れた箇所はLボタン。原因はモンハンかな?

今回は、「けっこう簡単に修理に出せますよ」というレポートを書いてみることにしました。

任天堂に修理出したことがない人、
ちょっと気になってる箇所があるけど修理出すのめんどくさそうと思っている人、
ぜひ目を通してみて下さいね。




■修理依頼する前に

本当に自分のゲーム機が壊れているか、事前に確認してくださいね。
・故障かなと思ったら…… (Wii編)(3DS編)(DS編


■箱から保証書を取り出す

ニンテンドー3DS、またはWiiの箱から「保証書」を取り出します。
購入したお店でハンコを押してもらっていない場合は、
購入した日時の分かる領収書を貼り付けておけば大丈夫。

「保証書、または領収書ないよ」という人は電話で相談した方が早いかも知れませんね。


■オンライン修理受付(受付先リンク

今回はオンラインで修理を依頼することにしました。
DSシリーズ用の「修理品発送キット」が欲しかったので。
「オンライン修理受付」利用するには、Eメールアドレスが必要になります。
携帯電話用のメールアドレスは不可です。注意して下さい。

メールアドレスを登録すると、
ホームページのアドレスが記載されたメールが来ます。
そのアドレスをクリックすれば、修理受付ページに移動できます。


2回Wiiを修理に出しましたが、電話で修理の相談をすることもできますよ。
よく分からないこと・質問したいことがある場合は、
電話またはメールで問い合わせしましょう。

故障の症状について書く欄があります。
2つのポイントに注意しながら書いて下さい。

ポイント1 「どこがどのように故障していますか?」
ポイント2 「どのような状況で発生しましたか?」


特定のゲームソフトを遊んでいるときだけ調子が悪い、または
特定のゲームソフトで遊んでいるときにゲーム機が壊れた場合は
ゲームソフトを同封したほうがいいかもしれません。

また使用している周辺機器についても質問されます。
フレアレッドの3DSの場合は「スゴ握」というアタッチメントを使っていたので、
アタッチメントについても書きました。

↑ご依頼品とニンテンドーDSシリーズ専用「修理発送キット」についての項目です。

もし、3DSを2台同時に修理に出す場合は
2回修理を申し込む必要があります。


オンライン修理受付が終わったら、
オンライン修理票を印刷です。
コピー機がないよ、という人は修理受付番号をメモ!


■ニンテンドー3DSを修理に出すときに注意すること

ニンテンドー3DSに入っているSDカードのデータを手許に保存しておきましょう。
パソコンに読み込ませて、「Nintendo 3DS」フォルダをコピーすればOK。

SDカードの移行方法は、公式に詳しく書いてあります。


■「修理発送キット」が届いたら
ニンテンドーDSシリーズ専用「修理品発送キット」が本日届きました。
普通の封筒で届くので、日中郵便物を受け取れない人もOKですよ。

こんなところにも、我らがマリオさんの姿が。
お疲れ様です!

こちらが封筒の中身です。
送り先などの文字が印刷された「着払い伝票」も一緒に入っていたのですが、
住所が写ってしまうので外しています。

購入してから1年以内(保証期間)の場合は「着払い」でOKですが、
保証期間がすぎている場合は自分で送料を払うことになります。

「修理品発送キット 取り扱い説明書」を読みながら、
サクッと箱を組み立てます。
ホントにすぐ出来ますよ。

取扱説明書のマリオさん。
彼の傍らにはドライバーが……!
配管工のお仕事だけではなく、ゲーム機の修理もこなしていたという驚愕の事実が判明。
任天堂は、マリオさんを働かせすぎですね。

3DSを袋に入れてつめこみます。
充電台を入れる用の袋が余った場合は、緩衝材として一緒につめこみます。
手前の空いている部分は、ACアダプターやソフトを入れるスペースです。

必要なものを全部入れ終わったら、
オンライン修理票(もしくは受付番号をメモした紙)と「保証書」を入れます。

フタをした後に「こわれもの」シールで封をしたらおしまいです。
同封されていた伝票をもって、
郵便局やゆうパックを取り扱っているコンビニなどに持って行ってください。

「修理品発送キット」を使えば、簡単に発送準備を終わらせることができます。
「オンライン修理受付」限定のサービスですが、オススメですよ。